現地採用で就職するとどんな暮らしが待っている?

フィリピンにおける現地スタッフの平均給与は2万円から4万円と低めの水準ですが、日本人スタッフが日系企業に現地採用によって働く場合は、日本の基準より少し少ないくらい給与となっています。スキルのある専門職や管理職で、15万円から25万円くらいの条件が多く見られます。もちろん、仕事内容やスキル、役職などによってかなりこの差はありますので、求人を探す際にしっかりと確認しましょう。

ボーナスの基準は企業によってかなり異なりますので、事前に尋ねておき不明な点を残さないようにしましょう。というのは、現地採用スタッフの中には、年棒制となっているケースも多く、ボーナスがその中に含まれているからです。また、業績に応じた完全評価制のところもありますし、様々な要素を考慮したボーナス支給体制を採っているところもあります。

基本給の他に、各種手当てを支給する日系企業は多くあります。たとえば、住居手当や交通費です。日系企業が集まるマニラ周辺は物価に対して家賃が高いので、こうした手当はとても助かります。また、フィリピン支社に海外営業などの業種で勤める場合は、他国や他エリアへの出張が多くなりますので、充実した出張手当が付くこともあります。契約書の中にこうした詳細も明記されますので、トータルでどのくらいになるか計算してみましょう。

生活の様子は住む都市によって随分異なります。日本人が多いマニラなどでは、お金さえ出せば大抵のものが揃いますので、不自由なく生活を楽しめるでしょう。食事や娯楽を楽しめる施設もたくさんありますので、仕事の息抜きをしたいときにもピッタリです。休日をしっかり取って仕事とプライベートをきちんと分ける現地スタッフが多いので、仕事以外の時間をレクリエーションなどで満喫できます。食事も日本人の口に合うレストランが多いですが、日本料理店もたくさんありますので不自由しないでしょう。