フィリピン人の国民性、仲間意識が強く家族思い

フィリピン人はテンションが高い人が多く、なにをするにも大勢で集まり楽しいイベント等をするのを好む傾向にあると思います。

誰かの誕生日となれば仲間内で集まり音楽、ダンス、料理がありとても賑やかです。

そして、陽気な人が多いのでローカルな場所では場所関係なく熱唱している人や踊っている人をよく見かけます。

タクシーに乗っても熱唱する運転手さんやハイテンションで話しかけてくる運転手さんもいます。

職場でもフィリピン人は同僚同士が仲良くとても楽しそうに仕事をしています。日本人は仕事は真面目に取り組み自分の仕事が終われば他の人を手伝ったりしますが、フィリピン人はマイペースで自分の仕事が終わるとすぐ家族のもとへ帰ります。

ある友人はサービス残業などの日本の考えが全くわからないと言っていました。

フィリピン人はとても家族を大事にしています。親戚通しとても仲が良く休日は家族が集まりワイワイしているイメージです。

そして、ボクシング選手バッキャオなどの世界で活躍するフィリピン人の選手などを国民全員が全力で応援するので、有名な選手が出場する大会があるときは皆、家などテレビがあるところへ行くので大都市でもかなり人が少なくなり、閑散とすることが多いです。

フィリピンの国民性を一言で言えば、仲間意識が強く家族助け合いながら生きています。仲間と楽しく過ごしマイペースに毎日暮らしています。

日本のように家族の時間が減ってしまっても深夜まで働いたりという光景はありません。