フィリピン人の就職事情と日本人の就職事情

フィリピン人にとっての就職事情は、日本人とは異なる点がいろいろとあります。

たとえフィリピンの良い大学を出ていたとしても良い企業への就職を求めるのは非常に困難という現実があるのです。

もしも国内で就職したとしても、給料の水準が非常に低かったり、業種の選択の幅も限られてしまいますから、フィリピン国内ではなく海外で就職したいと考える方がとても多くなっています。

また、フィリピンには外資系企業もたくさん進出しておりますし、ローカル企業でもいわゆる一流企業と呼ばれるようなところもたくさんあります。

こういった会社に就職するのは、優秀なフィリピン人にとっても狭き門なのです。

もちろん日本人があえてフィリピンの企業に就職をすることはほとんどないかと思いますが、優秀なフィリピン人でも就職出来ないのに、日本人ならばほとんどチャンスが無いと言っても過言ではないのかも知れません。

ですので、日本人がフィリピンでの就職や転職をするのであれば、大半が日系企業になります。

今までは、フィリピンに進出している日系企業はそのほとんどんが製造業だったのですが、最近ではいろいろな業種が進出していますから選択肢が広がってきています。

サービス業、IT関連企業、さらには観光業などご自身の経歴やスキルにあったものを選ぶことが出来るでしょう。

また、日本人向けの英語学校やオンライン英会話スクールなどの仕事もあります。