フィリピンの通貨を確認、物価はやはり安い傾向がつづく

フィリピンの通貨と物価についてご紹介します。

まず、通貨についてです。単位は、ペソ。補助通貨はセンタボです。両替は、ホテルや市内の銀行、両替所、空港内の銀行などで行っています。

次に、物価についてです。そのときの状況で円高や円安がありますが、だいたい1ペソ=2.5円。例えば、500ペソだと、1250円となります。

物価を考慮すると日本円10000円でフィリピン100000円分の価値があると考えるとよいかと思います。

フィリピン人にとっては、500ペソは日本円の5000円と同じ価値があると考えると、物価がわかりやすいのではないでしょうか。

物の値段が高いのか安いのかについてですが、具体的に見てみましょう。

例えば、野菜のキャベツ1個の価格は日本の5分の1です。しかし、大きさは日本で売られている物の半分くらいになります。

大根は10分の1の価格ですが、太さが2分の1、長さが4分の1です。

タイ米と同じ種類のお米が食べられていて、価格は日本の5分の1程度です。

また、他の物価に比べて高いのが、車とガソリンです。といっても日本よりは安いのですが、だいたい1リットル55ペソほどです。

こう考えると、日本よりはいろいろなものの値段が安いかもしれません。

ただ、物の大きさや質は、日本人の馴染みのものとは違う場合もあります。フィリピン人の生活水準に合わせてお金の使い道を考えると、上手に生活できるでしょう。参考にしてみてください。