フィリピン現地採用で働くという事、給料や生活面とともに

gentisyusyoku
フィリピンで仕事をする際には、現地採用の仕事を見つけるか、もしくは日本の企業からの駐在員として派遣してもらうかというスタイルの違いがあります。

どちらもフィリピン国内で仕事をすることに変わりはないのですが、任される業務内容やお給料を始めとする待遇面などには大きな差があります。

フィリピンでの現地採用は、現地スタッフとして直接企業と雇用契約を結ぶことになります。

日本人ならばフィリピン国内に進出している日系企業、その他の外資企業ということも多いのですが、フィリピンの地場企業に就職をするケースもあるでしょう。

現地採用の場合には、フィリピン当局が定めているルールに基づいて雇用契約を結ぶことになりますから、適用される法律も現地のものです。

そのため、日本の労働基準法などは関係なくなり、いろいろな違いを感じるかも知れませんが、これは現地採用の場合には仕方がないことです。

また、お給料に関してもフィリピン人従業員よりは優遇されるかも知れませんが、駐在員とはかなりの違いがありますし、日本でもらうお給料と比べてしまうとかなり低い水準である場合が多いでしょう。

ただし、フィリピンは日本に比べると物価がかなり安くなっていますから、お給料が少ないから苦しい生活を強いられることになるということではありません。

ある程度余裕を持った状態で現地にて毎日生活していくことが出来るだけのお給料はもらえるはずです。

現地採用意外の求人もお考えならこちらのサイトをご覧ください。
フィリピンの求人と日本人向けの情報サイト

現地採用で就職するとどんな暮らしが待っている?

フィリピンにおける現地スタッフの平均給与は2万円から4万円と低めの水準ですが、日本人スタッフが日系企業に現地採用によって働く場合は、日本の基準より少し少ないくらい給与となっています。スキルのある専門職や管理職で、15万円から25万円くらいの条件が多く見られます。もちろん、仕事内容やスキル、役職などによってかなりこの差はありますので、求人を探す際にしっかりと確認しましょう。

ボーナスの基準は企業によってかなり異なりますので、事前に尋ねておき不明な点を残さないようにしましょう。というのは、現地採用スタッフの中には、年棒制となっているケースも多く、ボーナスがその中に含まれているからです。また、業績に応じた完全評価制のところもありますし、様々な要素を考慮したボーナス支給体制を採っているところもあります。

基本給の他に、各種手当てを支給する日系企業は多くあります。たとえば、住居手当や交通費です。日系企業が集まるマニラ周辺は物価に対して家賃が高いので、こうした手当はとても助かります。また、フィリピン支社に海外営業などの業種で勤める場合は、他国や他エリアへの出張が多くなりますので、充実した出張手当が付くこともあります。契約書の中にこうした詳細も明記されますので、トータルでどのくらいになるか計算してみましょう。

生活の様子は住む都市によって随分異なります。日本人が多いマニラなどでは、お金さえ出せば大抵のものが揃いますので、不自由なく生活を楽しめるでしょう。食事や娯楽を楽しめる施設もたくさんありますので、仕事の息抜きをしたいときにもピッタリです。休日をしっかり取って仕事とプライベートをきちんと分ける現地スタッフが多いので、仕事以外の時間をレクリエーションなどで満喫できます。食事も日本人の口に合うレストランが多いですが、日本料理店もたくさんありますので不自由しないでしょう。

フィリピン人の国民性、仲間意識が強く家族思い

フィリピン人はテンションが高い人が多く、なにをするにも大勢で集まり楽しいイベント等をするのを好む傾向にあると思います。

誰かの誕生日となれば仲間内で集まり音楽、ダンス、料理がありとても賑やかです。

そして、陽気な人が多いのでローカルな場所では場所関係なく熱唱している人や踊っている人をよく見かけます。

タクシーに乗っても熱唱する運転手さんやハイテンションで話しかけてくる運転手さんもいます。

職場でもフィリピン人は同僚同士が仲良くとても楽しそうに仕事をしています。日本人は仕事は真面目に取り組み自分の仕事が終われば他の人を手伝ったりしますが、フィリピン人はマイペースで自分の仕事が終わるとすぐ家族のもとへ帰ります。

ある友人はサービス残業などの日本の考えが全くわからないと言っていました。

フィリピン人はとても家族を大事にしています。親戚通しとても仲が良く休日は家族が集まりワイワイしているイメージです。

そして、ボクシング選手バッキャオなどの世界で活躍するフィリピン人の選手などを国民全員が全力で応援するので、有名な選手が出場する大会があるときは皆、家などテレビがあるところへ行くので大都市でもかなり人が少なくなり、閑散とすることが多いです。

フィリピンの国民性を一言で言えば、仲間意識が強く家族助け合いながら生きています。仲間と楽しく過ごしマイペースに毎日暮らしています。

日本のように家族の時間が減ってしまっても深夜まで働いたりという光景はありません。

必見!フィリピン生活の基本情報、必要なもの

フィリピンにはたくさんの日本人が住んでいます。移住して老後の生活を送っている人や、語学留学者、日系企業のフィリピン支店に駐在員として住んでいる人もいます。また、旅行中にフィリピンの生活が気に入ってしまったり、現地で結婚相手を見つけてそのまま住み付いている人も意外と多くいます。さらに、日本からの旅行者も多いため、ホテル業やガイド業など、観光系の仕事をしている人も多くいます。

物価は、土地によってかなり異なります。マニラの中心部であれば、ほぼ日本と変わらない物価となっています。食料品などは日本と比べると安く、野菜や肉などは半分くらいの値段となります。しかし、電気代やガス代などは高めですが、電化製品は日本より高い値段で売られています。観光地や都市部における生活費は、15万円から20万円くらいと日本と変わりませんが、田舎に行けばかなり安く生活できます。

どこに住むかによって気候や生活レベルが異なりますが、基本的には日本で過ごすような物品が必要となります。マニラなどの都市部では自動車がなくても生活できますが、田舎に行くと交通手段が限られるため、あった方が便利でしょう。また、気温の高さや衛生環境などから、感染症になりやすいので、自分に合った薬を持っていることは肝心です。また、質の高いキッチン用品や細々とした便利品があまりないため、日本製品のもののありがたみが感じられ、わざわざ日本から取り寄せる人も多くいます。

日本人街は、マニラやセブ島など、経済規模の大きなところや観光地に見られます。特にマニラには、日本料理店や日本食材店などもあって、お金さえ出せば日本の製品が大抵手に入ります。フィリピンのいろいろなところに、日本人が固まって住んでいる場所があり、そのようなところでは同じように日本製品を販売するお店や、レストランなどがありますので、とても便利です。

フィリピンの治安は、日本に比べると総じて悪いので、用心して生活することが求められます。日本人はお金を持っているというイメージがありますので、強盗や誘拐などの危険が伴うこともあります。特に、南部のミンダナオエリアは、全体的に治安が悪いので、生活するにしても遊びに行くにしても、あまり知らないところに立ち寄るのは避けた方が良いでしょう。また、マカティやマニラなどの都市でも、夜間は治安が悪くなる場所があるので、立ち寄らない方にしましょう。

日本人がたくさん住んでいますので、日本語が通じる病院は、都市部を中心にいくつもあります。マニラ日本人会診療所や、マカティメディカルセンターなどは、常に日本語に対応できる体勢を整えていますので、安心して通院できます。また、日本語に対応できる病院や、通訳サービスを提供する助けとしている機関もありますので、利用することもできます。たとえば、ジャパニーズヘルプデスクはその1つで、24時間対応のサポートデスクを設けていますので、緊急時の対応も可能です。

フィリピンのビザあれこれと、働くために必要なビザ

就労期間によって発給元が異なる

フィリピンでの仕事をするには、どんなタイプの業種でも就労ビザが必要となります。このタイプのビザは、就労する期間によって発給する役所が違いますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。まず、働く期間が半年未満であれば、移民局が対応して発給を行います。一方、6カ月を超える就労となる場合には、労働雇用省というところが審査などを行い発給することになります。

雇用ビザを取得する

どの国に所属する企業に雇用されるかによって違いがありますが、フィリピンの企業やフィリピンにある支社などに勤める場合には、一般的な雇用ビザを取得することになります。しかし、日本にあるフィリピン大使館ではこの種のビザ発給を行っていないため、まず60日未満の滞在が可能なビジネスビザを取ります。そして、そのビザを持ってとこうして仕事を始めることになります。そして、必要書類を揃えた後は、現地の責任者などと一緒に移民局に行って正式な雇用ビザを申請します。このビザが出るまでには、数ヶ月かかりますので、現地に着いたらすぐにでも手続を始めた方が良いでしょう。配偶者や子どもにも同時にこのビザが発給されることになりますので、家族の分の書類も用意しておきましょう。

永住権も取得できるビザもある

フィリピンには就労を可能とする様々なビザがありますので、それぞれの特徴を把握して上手に申請したいものです。ずっとこの国に住みたいと思っているのであれば、永住権付きのビザを申請するという手もあります。その1つが、特別割当移住ビザというもので、かなり自由度の高いビザで、永住権も就労許可も同時に取得できます。国内でビジネスをしている、もしくは投資活動をしているということが条件となっていて、フィリピンの銀行口座にある程度の預金をおいている必要があります。それなり高い条件が付されたビザですので、上級者向けのものと言えるでしょう。しかし、その分国内における滞在期間の制限などがなく、とても強い権利を持てるビザとなっています。もし、ずっとこの国で仕事も生活もしたいと考えているのであれば、とても便利なビザです。

結婚用のビザでも働ける

フィリピン人と結婚していれば、配偶者ビザがもらえますので、そのビザで就労することが可能です。実際に結婚しているということの証明書などがあれば、比較的簡単に申請ができます。ただ、偽装結婚などのケースを判断するために、面接や厳格な書類のチェックなどをされることもありますので、時に何回も移民局に行く必要がでてくることもあります。しかし、このビザがあれば仕事もできますし、離婚しない限りは永住権が与えられますので、自由度が高いビザだと言えるでしょう。他にも、同じようなカテゴリーでい重要のビザや、年金生活者用のビザも存在します。その中でも細かい分類がされていることもありますので、就労ビザとして利用できるかは、逐一確認してみるのが確実でしょう。

フィリピン人の就職事情と日本人の就職事情

フィリピン人にとっての就職事情は、日本人とは異なる点がいろいろとあります。

たとえフィリピンの良い大学を出ていたとしても良い企業への就職を求めるのは非常に困難という現実があるのです。

もしも国内で就職したとしても、給料の水準が非常に低かったり、業種の選択の幅も限られてしまいますから、フィリピン国内ではなく海外で就職したいと考える方がとても多くなっています。

また、フィリピンには外資系企業もたくさん進出しておりますし、ローカル企業でもいわゆる一流企業と呼ばれるようなところもたくさんあります。

こういった会社に就職するのは、優秀なフィリピン人にとっても狭き門なのです。

もちろん日本人があえてフィリピンの企業に就職をすることはほとんどないかと思いますが、優秀なフィリピン人でも就職出来ないのに、日本人ならばほとんどチャンスが無いと言っても過言ではないのかも知れません。

ですので、日本人がフィリピンでの就職や転職をするのであれば、大半が日系企業になります。

今までは、フィリピンに進出している日系企業はそのほとんどんが製造業だったのですが、最近ではいろいろな業種が進出していますから選択肢が広がってきています。

サービス業、IT関連企業、さらには観光業などご自身の経歴やスキルにあったものを選ぶことが出来るでしょう。

また、日本人向けの英語学校やオンライン英会話スクールなどの仕事もあります。

フィリピンの通貨を確認、物価はやはり安い傾向がつづく

フィリピンの通貨と物価についてご紹介します。

まず、通貨についてです。単位は、ペソ。補助通貨はセンタボです。両替は、ホテルや市内の銀行、両替所、空港内の銀行などで行っています。

次に、物価についてです。そのときの状況で円高や円安がありますが、だいたい1ペソ=2.5円。例えば、500ペソだと、1250円となります。

物価を考慮すると日本円10000円でフィリピン100000円分の価値があると考えるとよいかと思います。

フィリピン人にとっては、500ペソは日本円の5000円と同じ価値があると考えると、物価がわかりやすいのではないでしょうか。

物の値段が高いのか安いのかについてですが、具体的に見てみましょう。

例えば、野菜のキャベツ1個の価格は日本の5分の1です。しかし、大きさは日本で売られている物の半分くらいになります。

大根は10分の1の価格ですが、太さが2分の1、長さが4分の1です。

タイ米と同じ種類のお米が食べられていて、価格は日本の5分の1程度です。

また、他の物価に比べて高いのが、車とガソリンです。といっても日本よりは安いのですが、だいたい1リットル55ペソほどです。

こう考えると、日本よりはいろいろなものの値段が安いかもしれません。

ただ、物の大きさや質は、日本人の馴染みのものとは違う場合もあります。フィリピン人の生活水準に合わせてお金の使い道を考えると、上手に生活できるでしょう。参考にしてみてください。

現地で雇うメイドや運転手、普通に活用してる人が多いですよ

フィリピンでは、移動の際に使う自動車について運転手を雇ったり、家事はすべてメイドさんにまかせている日本人がたくさんいらっしゃいます。

日本ではなかなかそういった生活をするのは難しいのですが、フィリピンでは個人的に運転手やメイドさんを雇ったとしても非常にコストが安く済みますので、高給とりでないといけないことは無いのです。

ごく一般的なサラリーマンがもらっているお給料であれば、充分に運転手とメイドさんを雇って快適に生活をすることが出来てしまう、のが日本との物価の差を感じます。

駐在員の場合ですと、自動車を会社が貸してくれてすでに運転手との契約をしていることもあるのですが、もちろん場合によっては自身でおこなうことが必要なケースもあります。

運転手に関しては、ご自身のお住まいに近いところに住んでいる方ですと、とてもスムーズに仕事をしてもらえるはずです。

メイドさんの場合には、朝から夕方まで、など必要な時間だけ通いで来てもらうことも出来ますし、住み込みで働いてもらうことも可能です。

最初はどれくらいの賃金で雇えば良いのかなかなか見当もつかないかも知れませんので、あらかじめ先に赴任している方や会社などに相談して大体の相場を把握しておきましょう。

ご自身では安い金額だと思っても、一般的なフィリピン人にしたらかなりの高額であるというケースになってしまうこともあるのです。

逆に極端に安すぎても仕事を適当にされてしまう可能性もあります。